2006年08月23日

ラムボーンは硬かった。(笑)

いつもここで待機。(笑)P1000015.JPG

新し物がダイスキです。(笑)

ニューアイテムはとにかく試したいタイプの私です。
先日、テレビでやってたおからこんにゃくを見かけてすぐさま購入。
番組内でやっていたようにから揚げにしてみたところ、テレビの感想うそばっか。Bad
なにが揚げたらナゲットの食感だ。

ただの揚げたこんにゃくだったわ。

しかも油をたくさん吸ってるのでお口の中が油祭りじゃーい!@フジワラ原口(笑)

とまあ、そんな感じで私の新しいもの(主に食べ物)に関しての勝率は6割程度なんですが(笑)まさおもその洗礼は受けていますね、はい。

フードに関しては一貫して変えていませんが、おやつが楽しいのね、おやつが。

さすがに怪しげな色をしたガムとか与える気はおこりませんが、ビスケットもプロポリスが入ってるだとか、さつまいもボーロだとか。

匂ってみて美味しそうな匂いのおやつは食べてみるし。(笑)

いままででうまかったのは、さつまいもボーロでした。
人間のボーロよりも多少粉っけが強いものの、十分美味しかったなあ。
りんごボーロはまずくはなかったけど独特の酸味がイマイチでした。
あとねえ、あんまり美味しそうな匂いがするからこの間しゃぶってみた。

ささ身ジャーキーハードタイプ。(笑)

無添加ジャーキー、味ついてないはずなのにちょっと塩気が感じられたのは何故だろう??
でも、こいつかなり良いもの食ってるじゃん、とかしゃぶりながら見下ろしたら、ものすごく待ってた。ごめん、まさおさん。(爆笑)

さて、話変わって。

今朝の早朝散歩はちょっとだけ寝坊したので先にフリスビーをしに行きまして、一運動の後いったん帰宅。
夫の弁当をこしらえてから散歩にゴーでした。
そのときにね、シーズー連れたおばさんと会ったんだ。
この方は以前ちょっとまさおが驚かしてしまったことがあったのですよ。
家の前の丘で遊んだ後、ケモノミチを下らせて帰っていたのだけれど、その時はリードをはずして家の中まで走らせてたのね。
したらば下のほうで話し声が聞こえて、そっちに走って行っちゃた。
まさおの姿が消えた瞬間に聞こえてきた絶叫で慌てて駆け下りて行ったら、お連れのシーズーのリードをものすごい勢いで引っ張り揚げて抱えるご婦人が、奇声を発しながら暴れていらっしゃる。
「噛みませんから!」
そう叫びながら現場に到着してリードを着けたら、その方が抱いている愛犬が小さな頃に中型犬にこっぴどくやられて、半死半生の憂き目にあったらしい。
それ以来中型犬はダメなのだ、怖いのだと。

大変申し訳なかった。

なので、我が家へ帰る道は最短距離のケモノミチを止め、短いリードを装着しなおして大きく迂回して帰る方向にしたとです。

最初の頃はまさおも帰り道は迂回、ということに慣れずに私が持っているフリスビーに飛び掛ってきたけれど、最近ではおうちに帰るよ、と言えば割とすぐに諦めて歩いてくれるようになっていたのよ。

そんな久しぶりの再会?(笑)

当然まさおさんは犬に挨拶に行きたいので落ち着かない。

でも先方は小型犬。

大型犬に片足突っ込んでるまさおが遊んで良い事ないので、よっぽどのことがない限りこちらからは近寄りません。

笑顔でおはようございますだって言った。

なのにさ。

なのによ?

ものすごい形相で私を睨みながら愛犬を抱っこして歩かれた。バッド(下向き矢印)

しかも5メートル先で犬を降ろしてもう一回睨みやがった。

その時に以前驚かせちゃったおばさんだって気がついた。しかしねえ、気持ちだってわかるけど、だけど、貴女の愛犬をめちゃくちゃ噛んだのは私の知らない中型犬で、うちの犬ではないわけですよ。
中型犬にはだいぶ過剰反応をなさる、というのはご近所でもうかがっていますが、でもうちの子が貴女の大切なわんちゃんを噛んだわけではないのです。
思い返してみれば幾度か散歩道でお見かけしておりますが、その度に嫌なものを見る目でこちらをご覧になられる。

それってどうよ。

と、腹が立ったがしょうがいよね、と。

思ったけど腹はたった。(笑)

散歩はほとんどが楽しいことばかりで、ご近所の皆さんもとてもまさおに優しい、運動をする広大な広場もある、言うなればボーダーを飼いやすい恵まれた環境にあるので、こういう些細な事がとても大きく感じてしまうのでした。(苦笑)

お互い様だけれど、些細な問題が起こらないように努めていこうと思うのだ。

あ、今頃内職運んできた。(笑)夕方じゃーん。

ニックネーム すぐる at 16:27| Comment(0) | TrackBack(11) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする