2006年08月04日

悪いのはこっちだけどあんな顔はないぞ、オッサン。

200608030939.jpg玄関にて。(笑)これは最近のまさおさん。

さてさて。

我が家の前には市の保有するだだっ広い空き地があるのですが、これが犬を走らせるのにはおあつらえ向き。
空き地名は一応「保育所予定地」なんてなってるけど、此処へ嫁に来て8年、そんな施設が建つ気配もなく、町内会の祭り会場になったり犬の遊び場になったりと用途はさまざま。
もっぱら我が家では「庭」などと呼び、遊ばせてもらってるのです。
前述したとおり山の中の住宅街なので、こう、斜面に平らな土地を作るでしょ?
空き地ではあるんだけど、我が家からの最短距離を行こうと思うと
「丘の上」になるわけです。
大きく迂回して空き地の入り口まで行けば自然とできたケモノミチを駆け上る必要はないのだけど、犬もやはり最短距離がお好みらしく、朝はケモノミチを駆け上がります。

ただ、難点は大型犬の飼い主さんがウンコをそのままにしていくことが多く、いまや草ぼうぼうに成り果てた原っぱは危険がイッパイなのでござりまするよ。

まあね、全員が持って帰らないとは言ってないよ!

だけどさ!

あの大きさのウンコは小型犬じゃねぇだろ!

とは思うわけです。(苦笑)

かなり前だけど、買い物行こうかと思って車出すよーって外に出たら、うちのどまん前にでっかいウンコがおいてあって、これは車出したら絶対に踏むよ、と。

とったよね、仕方がないから。

けれど、まさおのウンコだったら多少取るときに失敗して手についちゃっても「あー、失敗した顔(笑)」くらいですむのに、なして他の犬のウンコはあんなに嫌か。(爆笑)

愛かな、愛。

とは思えど、やはりウンコは持ち帰って捨てましょうよ、と思うわけ。

とまあ、そんな空き地で毎朝30分フリスビーをするのですが、(これが冬場になると1時間)我が家の愛犬はとにかく子供ダイスキ、大人ダイスキ、特に若いお姉さんダイスキ、ついでに犬もスキときておりまして、集中が切れちゃったときにこれら大好物が視界に入ると猛然とダッシュして遊びに誘うという困った癖があるのです。顔(汗)

噛みません。

だけど怖いと思います。(苦笑)

だって、白と黒の大きな犬が口を半開きにして弾丸ダッシュをしてきたら、そらもう、相手は「噛まれた!」となるですよ。

朝一番は特に元気ハツラツなまさおさんなので、短いリードで抑えながらケモノミチを駆け上がるのは大変危険です。私が。(笑)
なので、この困った癖対策のために購入した20メートルのロングリードを玄関で装着し、門を開け、さあ、行ってらっしゃい!とばかりに駆け上らすのです。

しかし、今朝はですね、調子よくシュルシュルと伸びていたリードが最後の方で絡まったんです。(がっくり)
まさおはお構いなしに走っているし、ここでリードを私が持ち続けてしまえば確実に坂の途中で彼の首が絞まってしまいます。
思考がそこまで働いた瞬間リードを離しましたが、いつもならば丘の縁で私を待つはずの愛犬の姿は一瞬にして消え、実はそんなに絡まらなかったリードが音を立てて丘に吸い込まれました!

やっべ!犬がいる!!

がく〜(落胆した顔)



10秒遅れで駆け上った私の目には白い和犬をつれたオッサンと、うれしそうなまさおさん・・・。

坂の途中で掴んだリードを巻き取りながらとりあえず申し訳なさそうな笑顔で

「すいませーん!!あせあせ(飛び散る汗)リードがはずれちゃって!!あせあせ(飛び散る汗)

と謝りましたが。顔(汗)

謝りましたがね。顔(チラッ)

そんな非難がましい目で睨む事ねぇだろ。Bad

とか思ってしまった私は犬飼いとしてはサイテイなのだろうと少しだけ反省。
でも朝イチから「けったくそ悪い」スタートだったなあ。こんちくしょう。←反省?

でもまあ、訓練、必要なんだろうな、とも思う。

一応お試し訓練には4回ほど行って、行く度にまさおが素敵になるので夫が行きたいと言い出し、だのに自分の仕事が忙しい時期になっちゃって行けないまま夏、と。
涼しくなった頃に、このお試し訓練でお世話になった先生のところへ行く計画です。
きっと、先生に怒られるんだよ。



私が。(ガックリ)←(笑)

ニックネーム すぐる at 10:38| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする